~天地創造~

帰りの飛行機から眺めた三浦半島・・・。
陸地の真ん中に江の島、その奥にかすかに見える山の稜線は伊豆の天城山ですね。
空から撮影なんてめったにないものですし、まして夕陽の時間帯は・・・。

c0152400_22195580.jpg

2008/03/05/tokyo bay/japan

今日の房総の夕陽はMoreをクリック~♪
  ↓

More
[PR]
# by bosotaisho | 2008-03-13 18:25 | Canon EOS-1D MarkⅢ

~シベリアからの贈物~

現地の方から、流氷が来ているという知らせをいただき、根室方面に向かった。
まさか、このロケで流氷と出合えるとは思いもしなかったことである。
実は、納沙布岬も一年前に訪れていた。
その時は、ここで夜明けを描いている。
流氷は、その地になくてはならない大切のものだ。
生き物たちに不足している栄養分を補ってくれて様々な恵みを授かっていただいている。
しかも、無償で・・・。
行き過ぎた人類の活動がそれを脅かしている・・・それが温暖化という形で現われ始めている・・・もし、ここが普通の景観になった時は・・・。
c0152400_13415288.jpg


2008/03/04/nosappu/hokkaido

房総模様はMoreをクリック♪
  ↓

More
[PR]
# by bosotaisho | 2008-03-12 13:52 | Canon EOS-1D MarkⅢ

~水の魔法~

前日まで、海だったから山へ行くという単純な理由で、夜明け前の原野へ車を走らせる・・・。
奥地まで行ってみると、なんだか木々の様相が違ってきた・・・。
曇天で風はあるのだが、湿気を含んだ風・・・霧氷なんだろうか。
静かに無我夢中でシャッターを切った。
本格的な霧氷というものとは、初めての出合であった。
c0152400_17294962.jpg


2008/03/04/hamanaka/hokkaido

今日の房総模様は・・・Moreをクリック
  ↓

More
[PR]
# by bosotaisho | 2008-03-11 17:38 | Canon EOS-1D MarkⅢ

~団欒~

この日は、朝は岬からの夜明け、朝飯前に沼でタンチョウやオオハクチョウにキタキツネ、昼は湿原散策と様々な出逢いの一日でした。
絵は夕陽とサイロで、昔はこの中に牧草を入れて冬場に牛の餌にしていたそうです。
サイロのある風景は、これからは消えゆく運命にあります。
今しか描けない、それぞれの風景ってありますよね^^
酪農家は牛とともに生活し、夜明け前から深夜まで365日休みなしです。
人生を牛の時間を捧げたとも言っても過言ではありません。
皆さんが当り前のように口にする美味しい牛乳や乳製品は、彼らの時間の結晶でもあります。
時には、心の中で感謝の気持を・・・^^
c0152400_16494159.jpg


2008/03/03/hamanaka/hokkaido

昨日の房総はMoreをクリック
  ↓

More
[PR]
# by bosotaisho | 2008-03-10 16:50 | Canon EOS-1D MarkⅢ

~チロヌップ・チロンヌプ~

アイヌ語でキタキツネをこう呼ぶそうです。
イヌ科の動物なので、冬毛の時期はふっくらとして可愛らしいですね。
山間の原生林の中を走行中、カーブを曲がったら道路脇にキタキツネがいました。
この時、タンチョウとオオハクチョウを撮影した帰りで、手元にはEOS-1D MKIII にEF300/2.8L+1.4倍のテレコンを持っていたのが良かったのか、2カットでしたが、とっさに描けたのはラッキーでした。
この時のドライバーをしていてくれた、ちゃーりーさんのおかげでもありますね^^

c0152400_15571299.jpg


2008/03/03/hichirippu/hokkaido
[PR]
# by bosotaisho | 2008-03-09 15:58 | Canon EOS-1D MarkⅢ

~宵明~

約一年ぶりに、この岬にやってきた。
その頃は厚岸に昼食に行く通過点であり、たまたま時間が空いたから寄ってみただけだったけど、何気ない場所なのに想いを感じた場所だ。
その春先にカレンダーロケの話が出て、それが霧多布湿原をはじめ、茶内原野を中心とした酪農をメインとした風景であり、私の感性で描くというものだった・・・。
偶然ではなく、呼ばれてここに来た・・・それが最初に感じた想いだったのかもしれない。
霧多布岬の夜明けは、優しく迎えてくれた。
風景に呼ばれる人・・・その言葉の深い意味を隔月風景写真kaoruの編集長日記で、詳しく表現してくださいました。
その瞬間に出合える人って、普段の素直な生き方や過ごし方への神様からのご褒美でもあるのでしょうか?

c0152400_18303631.jpg


2008/03/03/kiritappu/hokkoido
[PR]
# by bosotaisho | 2008-03-08 18:33 | Canon EOS-1D MarkⅢ

~異国の瞳~

眼の色は・・・遠くシベリアから飛翔してくるだけあって、外国の方の色なのかな^^;;;
ちょいと怖いかも・・・オオハクチョウの眼力^^;;;
c0152400_1745832.jpg


2008/03/02/hichirippu/hokkaido

厚岸水鳥観察館
http://www.marimo.or.jp/AWOC/index.html

霧多布湿原センター
http://kiritappu.or.jp/center/

霧多布湿原トラスト
http://www1.ocn.ne.jp/~wetlands/
[PR]
# by bosotaisho | 2008-03-07 17:05 | Canon EOS-1D MarkⅢ

~時代のカタチ~

初めて釧路の街中に宿泊し、窓からの朝景色です。
模型の街みたいで、昭和から時代の移り変わりがそこにあるように感じられます。
遠くに見えるのは、太平洋。
しかし・・・ほ~んとに北海道って広い!
c0152400_18332989.jpg


2008/03/02/kushiro/hokkaido
[PR]
# by bosotaisho | 2008-03-06 17:49 | Canon EOS-1D MarkⅢ

~静寂のこえ~

先ほど、無事に帰って来ました。
今回の厚岸郡浜中町ロケは、時期的に厳しいのではないかと思っていたら、創造を超えたたくさんの出合いが待っていてくれました。
人が一人もいなく、車も数時間来ない静寂の場所にて・・・。
c0152400_21484775.jpg


2008/03/02/Hamanaka/Hokkaido
[PR]
# by bosotaisho | 2008-03-05 21:45 | Canon EOS-1D MarkⅢ

~大地へ~

羽田空港から眺める富士山はすっきりしている・・・空が広いからだろうな・・・。
では行ってきまーす^^
c0152400_5124194.jpg


2008/02/15/haneda/tokyo
[PR]
# by bosotaisho | 2008-03-01 05:13 | Canon EOS-1D MarkⅢ