人気ブログランキング |

~精霊~

今日は今年一番の暑さだったみたいですね。
五輪のサッカーが始まりましたね。
反町ジャパン、なでしこジャパンともに悔いのない戦いをして楽しませていただきたいです。

戸隠の森林を歩いていると、あがりこでしょうか、時たまそんな木に出合えます。
大きな木とは、なぜだかわからないですが、しばし時を忘れて対話してしまいます。
人間なんてたかだか数十年しか生きられない・・・。
雪深い山奥で数百年生きている命と時間の塊に包まれてしまうように・・・。
c0152400_19504334.jpg

2008/August/Nagano
by bosotaisho | 2008-08-07 19:52 | Canon EOS-1D MarkⅢ | Comments(2)
Commented by Sippo☆ at 2008-08-07 23:01 x
大将☆さん、こんばんは!
長い長い時を生き抜いている木は、本当に貫禄がありますね♪
私も時折、そのような木に出逢うと言い知れぬ感動を覚えます
そんな時、自分の背で届く部分にそっと手を触れて頬を寄せ
木の温もりを直に感じ取ります・・・
そんな時、
自然界の強さ怖さ優しさを少し、頂いたような気持ちになります♪
そして自分自身のちっぽけさも思い知らされます^^;
Commented by bosotaisho at 2008-08-08 14:44
Sippo☆さん>木の温もりつて、地球の温もりなのだろうか・・・?
いい写心に気づくのは、自分という存在の意味に気づくことから始まるのではないでしようか?
そして相手の存在をありのまま受け入れる所からが大切だと思います^^
<< ~青空に白筆描き~ ~昼と夜の狭間~ >>