人気ブログランキング |

~団欒~

この日は、朝は岬からの夜明け、朝飯前に沼でタンチョウやオオハクチョウにキタキツネ、昼は湿原散策と様々な出逢いの一日でした。
絵は夕陽とサイロで、昔はこの中に牧草を入れて冬場に牛の餌にしていたそうです。
サイロのある風景は、これからは消えゆく運命にあります。
今しか描けない、それぞれの風景ってありますよね^^
酪農家は牛とともに生活し、夜明け前から深夜まで365日休みなしです。
人生を牛の時間を捧げたとも言っても過言ではありません。
皆さんが当り前のように口にする美味しい牛乳や乳製品は、彼らの時間の結晶でもあります。
時には、心の中で感謝の気持を・・・^^
c0152400_16494159.jpg


2008/03/03/hamanaka/hokkaido

昨日の房総はMoreをクリック
  ↓



サクランボの花が咲き始めました^^
c0152400_1946569.jpg

そして梅が真っ盛りですね~^^
c0152400_19473439.jpg

by bosotaisho | 2008-03-10 16:50 | Canon EOS-1D MarkⅢ | Comments(5)
Commented by おばさま at 2008-03-10 20:51 x
大将さん

サイロは本当に少なくなりましたね。
昔はでんとコーンや牧草を刻んでサイロに貯蔵して発酵飼料にしていまいた。
サイロ1基を立てるのに2~3千万掛かるそうです。
今は簡易サイレージとして牧草ロールにしてラッピングしています。
発酵させ方に合わせてラッピングフィルムの色を変えるようです。

サイロのある風景・・・5月に富良野・美瑛を撮りに行きますので見つけたら撮りたいです。
でもきっと牧草ロールの転がる風景かも知れません。
Commented by shapoo at 2008-03-10 21:41
こんばんは♪
サイロ・・・東京で暮らしていると忘れてしまいそうな言葉でした
そんなドラマがこの中にあったのですね!感動です
うちの庭の梅はこの雨でほとんど散ってしまい枝だけが
空しく残ってます;_;
Commented by 勝手弟子ちゃーりー at 2008-03-11 00:26 x
サイロはやがて歴史上の建築物として姿を消してしまうかもしれませんが、私たち世代にとって酪農を感じさせる美しいオブジェですね。そんなちょっと複雑な時間を切り取って酪農の営みに感謝してくれる大将に感謝です。
Commented by おまたせ里やんやんやんやん at 2008-03-11 08:31 x
ちょっとまたまた詩人復活ですね。大将さんは、写真家からエッセイストに変化を遂げています。ちょっと夕日の撮り方うますぎるね。やっぱり645だべーーーー。今月末から645をフル稼働しまーーす。鳥には向かないこともちょいと認識しました。
Commented by bosotaisho at 2008-03-12 16:03
おばさまさん>いつもありがとうございます^^
昨年の7月、一番草の頃に浜中へロケで訪れてサイロが消えてゆく運命にあるのを、ここにコメントいただいている、ちゃーりーさんから聴きました。
サイロは役目を終えて、牧草ロールへと変わってゆく・・・。
時代の流れでしょうか・・・。
是非ね富良野・美瑛で素敵な絵を楽しんで下さい^^
楽しみにしていますね☆

Sippo☆さん>どんな小さなことや気がつかないようなことにも、様々な物語があるんですよね。
足もとの小さな生き物たちにもね(^_-)

勝手弟子ちゃーりーさん>その酪農家の人生模様と引き合わせていただき、サイロのお話をしてくれた、貴兄に感謝です^^

さとやんやん>久々のコメント5963です。
近々645で写真撮りに行きましょう^^

<< ~水の魔法~ ~チロヌップ・チロンヌプ~ >>