人気ブログランキング |

〜Eye contact〜

c0152400_17114287.jpg

鳥を撮影する・・・珍しい、貴重な、色が美しい、そして決定的なシーン。。。で狙っている方々が多いような気がする。
そういう方々は身近にたくさんいて、珍しくもなんともないスズメやカラス、ヒヨドリにムクドリ、サギ類、セキレイ、トンビ他にはバカにして目を向けないねぇ。
同じ鳥なんだぜ???
差別しているのかい?

オオタカを撮り続けている親友がいる。
彼は夜明け前に森に入り、ジツとして夜明けを待つ。
いつも同じ服装をして雛から撮ってると、雛も彼を憶えてくれる時もあった。。。
そして仕事の時間が近ずくと撤収する。
それを毎日していたわけだ。
時たま撮影に行っていいのが撮れました的な写真と中身が違うよね。
そんな彼に、一緒に撮りに連れてってくれ、行きたい的な人も後を絶たない。
本気で撮りたかったら、自分で場所を探すべきだ。
人に場所を教えてもらい、効率よく撮ろうなんて甘い考えじゃダメだね。。。
毎日夜明け前から森で張り込んでいる、友に対して失礼だろ?
もし教えていただいたとしたら、同等かそれ以上のお返しを出来ないならやめるべきだね。
鳥を撮るなんて名乗っているのなら、自分で野山を走り回って現場を見つけることが第一で基本だ。

2011/January/21/futtsu/chiba/レンズEF70-300mm f/4-5.6L IS USM










..... Ads by Excite .....
by bosotaisho | 2015-01-23 17:35 | Canon EOS-1D MarkⅢ | Comments(0)
<< 〜波紋〜 〜あしのうら〜 >>